発達障害のアレコレ~悩みはシェアして即解決~

カウンセリング

社会に生きていく

悩む男性

発達障害の1つであるアスペルガー症候群は、女性に比べ男性の割合が大きいのが特徴的です。自閉症の症状に似ていると言われていますが、人との会話に問題がないので発見するのが難しくなっています。アスペルガー症候群は発達障害の中でも、広汎性発達障害の中に分類されます。社会的な生活に支障が出やすく、人とのコミュニケーションにも問題が生じてしまうのが主な特徴です。他にも思ったことをすぐに発言するので、人がイヤな言葉を認識出来ずそのまま言ってしまいます。また自分が好きなものにはとことんハマり、こだわりを強く持つので人一倍記憶力や集中力を発揮します。自分が持つ世界観を強く持っているので、無理に周囲が変えようとするとペースが乱れ窮屈になってしまうのです。学校や自宅で怒られる機会が多くなってしまうと、居心地が悪いと感じてその場を避けてしまいます。学校の居心地を悪く感じてしまうと、それがキッカケになり登校拒否で自宅に引きこもってしまうことにも繋がるのです。自分の居場所を見つけることが出来ず、発達障害だけでなく適応障害を併発してしまう恐れがあるのです。自分が学校や周囲に適応出来ていないと感じることで、必要性を感じなくなり居場所を失ってしまうのです。

発達障害の1つであるアスペルガー症候群は、そのまま放っておくと悪化してしまいます。他の障害を併発させてしま可能性が高く、うつ病や摂食障害、パニック障害など症状がどんどん重たくなってしまうのです。そうなると自分が抱える負担が大きくなり、克服するのにも長い時間がかかってしまいます。アスペルガー症候群は1人で抱えるのではなく、家族や専門の医療機関のサポートを受けしっかり克服することが大切です。最近ではアスペルガー症候群を抱える人の支援サポートも充実しており、アスペルガー症候群を抱えていることで働くことが難しい人でも安心して働ける環境が整っているのです。このような就職支援の内容は、働く際に必要な訓練を行なったり働ける仕事を紹介してくれます。就職した後もしっかりサポートしてくれるので、自分のペースで安心して働くことが出来ます。仕事を紹介する際は、一人ひとりに合った仕事を選んで紹介していきます。どの仕事が合っているか相談したり、適正試験を受けることで自分に合った仕事に出会えるのです。1人で仕事を探すのが難しくても、支援サポートの手を借りることで社会で働くことが出来るのです。専門の医療機関でしっかり治療を受けながら、社会で働けるよう仕事探しをすることで自信を取り戻し発達障害も克服することが出来ます。